○○さんに捧げる・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 診療報酬改定 決定〜

<<   作成日時 : 2006/02/15 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

仕事柄、厚生労働省に足を運ぶことが多い。
今日は、中央社会保険医療協議会(中医協)を聴講した。

--------------------

厚生労働省には色々な委員会や部会などがある。
その委員会で決まったことをベースに、行政の仕組みや
法律が作られたり、変えられていく。

中医協もそんな会の1つであり、
ここでは「診療報酬の点数見直し」を行っている。

診療報酬とは、一言で言うと「医療行為/材料の値段」。
日本では、医師の治療行為1つ1つや、薬剤などにすべて点数が
法律で決められている。
その点数(1点=10円)の合計が その患者さんが払う「医療費」となる。

つまり、中医協で医者の“作業”(=診察、処置、手術などの行為)の
値段や薬の値段を、細かく決めたり見直しているわけだ。

--------------------

診療報酬は2年に1回見直しが行われ、平成18年度はその見直しの年に当たる。

ご存知のように、世の中は「構造改革」のあおりを受けて
医療も兎に角 「医療費下げろ!」の声が強い。
先月、診療報酬を全体で3.16%下げることで、政治決着したのを
ご存知の方も多いだろう。

医療費が下がるということは、病院や診療所の収入が減ることを意味する。

私は経営感覚に乏しいので、その度合いがどんなものなのか実感できないが、
関係者に言わせると、「経営危機に直面する」ほどの、大変なことらしい。

片や、患者側の負担はどんどん増えていく傾向だ。
「後期高齢者医療保険の増設」も、つまりは高齢者からも医療費を取るということ。

さあ、みんなが困った、困った、という状況。
世の中の人たちも、今度の診療報酬改正がどうなるか、とても注目している。

--------------------

今日も1日がかりで議論が行われ、改正案がなんとかまとまった。

写真は、厚労省の局長の挨拶。
とにかくマスコミが集まっていた。
色々なニュースでとりあげられていたから、ご承知の方も多いだろう。


議論してきた委員の方々も大変だが、聴講する我々も疲れた〜〜
というのが率直な感想。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
診療報酬改定 決定〜 ○○さんに捧げる・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる