○○さんに捧げる・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 枕木カットは超重労働 (芝生工事 その後)

<<   作成日時 : 2004/11/23 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
芝生張りは一段落したが、まだ周りの整備がたくさん残っている。
今日は、我が家の勝手口から庭へのアプローチを、枕木で敷き詰めた。


玄関周りは枕木を立てて「門」らしくしている。
その余りが何個かあり、それを流用することにした。

作業の流れは、
 (1)枕木を縦方向に水平に切る
 (2)それを適当な間隔に並べて半分程度土に埋める
というシンプルなもの。

しかし、双方ともモノ凄い労力を要した。
特に、枕木カットが話で聞いていた以上に大変なモノだとは思わなかった。


鉄道で使われていた枕木には、栗など最も硬い木が使われている。
その硬さは、ノコギリの目がすぐにダメになるほど。
(「歯が立たない」という言葉が、ホントにマッチする)
この手のカットには、チェーンソーを使うのが一般的である。

ましてや、防腐用の松ヤニ?を木全体に染み込ましているから、その硬さは岩に匹敵する。
おまけにとても重い。ホントにチェーンソーでも大丈夫だろうか?


・・・・・・と心配しながらも、チェーンソーはお隣のTさんから借用。
もちろん、家庭用のチェーンソーである。(東芝電気チェーンソー HC-305B)

カットした枕木は、600×200×400(単位:mm)程度のもので、合計7個。
それを、600×100×400のサイズにした。

1個カットするのに、20分はかかっただろう。
全体重をかけないと、なかなかカットが進まない。
しかも、当初の半分サイズに"薄く"カットするわけだから、枕木のバランスをとりながら作業。
1発でのカットは無理であった。
おまけに、長い時間(30秒くらい)続けていると、薄い煙がもくもくと。
松ヤニが摩擦で焼けたためだと思われるが、チェーンソーは借り物ゆえ、ヒヤヒヤしながら格闘していった。

体重をかけながらだから、途中でチェーンがたるんできた。
調整しながら作業を続行。(これも面倒)
最後のほうになると、切れ味が徐々に落ちてきた。
案の定、チェーンの刃の目は落ちている。

ああぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・
Tさんごめんなさい。
ちゃんと「目立て」してからお返ししますから・・・


結局、すべてのカットに半日かかってしまった。
手はガクガクで、握力は0状態。
この記事を書くのも一苦労といったところである。


その後は、土に埋める作業。
5cmくらい地面を掘って、枕木を並べて土で固めるだけの簡単なものだった。

しかし、しゃがんでの作業ゆえ、腰に激痛が来るわけで・・・・・・_| ̄|○


ある人曰く、「そんなの業者にやってもらえばいいじゃん!」
確かに、周り近所での外構工事は、みんな業者がやっている。

まあ、お金を出せば苦労せずで済むけど、「自分でやった」という達成感を味わえるからねぇ〜。

コレが結構、快感なんだわさ。(^^)/








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン 店舗
枕木カットは超重労働 (芝生工事 その後) ○○さんに捧げる・・・/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン 店舗
2013/07/05 16:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
枕木カットは超重労働 (芝生工事 その後) ○○さんに捧げる・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる